女性ホルモンのバランスを保って、健康に過ごすために大事なこと

女性は、一カ月の中で、肌も髪もツヤツヤで気分も明るい時期と肌荒れがひどくて些細なことでイライラしてしまう時期があります。

これは、女性ホルモンの働きが原因なのですが、女性が健康的に毎日を過ごすためには、バランスを保ちながら、上手に付き合っていく必要があります。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。

エストロゲンは、生理後から排卵日前後に多く分泌されます。

妊娠に向けて、子宮内膜を厚くしたり、卵胞の熟成を促してくれます。

基礎体温は、低めに維持されます。

プロゲステロンは、排卵日前後から生理前後に多く分泌されます。

妊娠を助ける働きをしており、乳腺を発達させたり、受精卵が子宮内膜に着床しやすいようにします。

体に水分や栄養をため込みやすい時期なので、太りやすくなったり、むくみを感じやすくなります。

基礎体温は高めに維持されます。

エストロゲンとプロゲステロンは、どちらかが過剰に摂取されていたり、不足していても健康を維持することはできません。

二つの女性ホルモンが上手にバランスを取ることが重要なのです。

女性ホルモンの乱れが原因で起こる不調

女性ホルモンは、寝不足や過度なダイエット、ストレスなどが原因でバランスを崩して、体に不調をもたらします。

女性ホルモンは脳から分泌されているので、ストレスなどで脳がダメージを受けるとホルモンの分泌が上手く行かなかったり、バランスを崩してしまうのです。

女性ホルモンのバランスが崩れると生理に関するトラブルが起きやすくなります。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌が少ないと無月経になり、何カ月も生理がないという状態を引き起こします。

また、プロゲステロンの分泌が少ないと排卵後に受精卵が着床しづらくなるため、不妊の原因になります。

女性ホルモンのバランスの乱れは、女性の健康と大きく関わりがあるのです。

女性ホルモンのバランスを整えるために

女性ホルモンがバランスよく分泌されるようにするためには、日常生活を見直す必要があります。

女性ホルモンは脳から指令が出ることによって分泌されるので、脳にストレスを感じさせないようにしましょう。

几帳面すぎたり、自分に厳しい性格の方は、女性ホルモンのバランスが崩れやすいので気をつけましょう。

食生活も3食きちんと栄養バランスを考えた食事を取るようにして、過度なダイエットは控えます。

適度な運動をすると自律神経の調子が整って、女性ホルモンも正常に分泌されやすくなるので、体を動かすようにしましょう。