更年期を元気に乗り切るために

女性は閉経が近づいてくると、更年期障害と言われる心身の不調が起こると言われています。

だるくなったり、イライラしたり、月経がひどくなったり、頭痛は腹痛が起こったり、顔がほてったりなどなど、いろいろな不調の話を聞いて、不安になっている方もいるでしょう。

ではここで、更年期を迎える女性の方が少しでも不安を減らせるような情報をお届けします。

更年期で元気になる人もいる!

更年期障害は、女性ホルモンのバランスが崩れて起きるのは有名ですね。それまで分泌されていた女性ホルモンが減ってくることによって、自律神経の状態などが乱れて、心身に様々な不調をもたらすわけです。

しかし、誰でも更年期にそれまでよりも体調が悪くなるとは限りません。

女性ホルモンのバランスは、もともと崩れやすい体質の方もいます。

そういう方の場合は、若い頃から更年期障害に似た不調に悩んでいることも多いですが、そういう方は、更年期になって、それまでと女性ホルモンの分泌状態が変わって、かえって体調がよくなることも多いようです。

ですから、誰でも更年期には不調になるのだと不安に思わないで、落ち着いて更年期を迎えましょう。

更年期障害には漢方がオススメ

とはいえ、40代~50代の女性が体調不良になり、内科などで検査してもらっても、特に原因が見つからない場合は、やはり更年期障害であることが多いでしょう。

その場合、早く対応できれば、重くならないで済みますから、まずは気軽にドラッグストアで売っているホルモンバランスに効果のある漢方薬を試してみるのもいいでしょう。

漢方薬は、体質によっていくつも種類があるのがうれしいですね。

例えば、冷え症気味の人に合う漢方と、暑がりの人に合う漢方は違います。

漢方薬は飲んでみて味が好きなものほど体質に合っていると言われますから、何種類か試してみて、いちばん味が好きなものを続けてみるのがオススメです。

しんどいときは、女性外来に行ってみましょう

今は、更年期障害を専門にした女性外来などと名付けた科を設けている大病院もあります。

自分で漢方薬を試してみても体調が改善しない場合は、更年期障害を専門にした病院に行くことをお勧めします。

漢方薬を処方されることが多いですが、漢方薬は組み合わせ次第で、劇的に効果が出ることもありますので、やはりここは一番良い処方をしてくれるように、専門家に相談するのが安心です。

更年期は病気ではないと思って何もしないで耐えるよりも、不調があるときは薬を飲んだり、病院に行ったりする方が、早く確実に改善するので、しんどいときは無理しないのが肝要です。