更年期についての4つの疑問について

誰もが更年期になるの?

更年期は誰にでも起こる事だと言われています。

しかし、人によって更年期が酷くて寝てばかりいる人や今までとはほとんど変わらない生活を送れる人がいます。

更年期の症状が重い人はとても辛いですが、更年期の症状が軽い人はいつ更年期がきたのかも分からない人もいます。

どうして更年期になるの?

更年期はホルモンバランスの関係でおこると言われています。

女性は毎月生理がありますが、これがある年齢になると生理が終わります。

ある年齢とは一般的には50歳前後の人が多いそうですが、人によっては40代で生理が終わる人もいるのでハッキリとした年齢は言えません。

生理が終わる目安としてはだいたい生理がはじまってから40年位で生理が終わると言われていますのでそれを目安にすると良いと思います。

この生理は女性ホルモンが関係をしているのですが、生理が終わる事によってこの女性ホルモンが減少されてしまいます。その為に更年期障害が起こると言われています。

更年期の症状について

更年期の症状は人によって違います。

一般的に更年期の症状で多いのがイライラしたり身体や顔が火照る、熱くもないのに大量の汗をかくので常に着替えが必要になる、身体が怠い、うつのような状態になる等と聞きます。

この他にも色々な更年期の症状がありますので心配な時はきちんと医師を受診すると良いと思います。

更年期を軽くする方法はないの?

更年期で辛い時に漢方薬を飲む事によって症状を軽くする事が出来ます。

薬はちょっと…と抵抗のある人でも漢方薬なら安心して飲む事が出来ると思います。

今は漢方薬を処方してくれる先生も増えて来ていますので保険診療で漢方薬を飲む事が出来ます。

一度、医師に漢方薬の治療を行っているのか聞いてみると良いと思います。

他にも保険適用外ですが薬局でも漢方薬を購入する事が出来ます。自分に合った漢方薬を飲む事で更年期の症状が軽くなります。